野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

 
   

湧水の面(おもて)を辷る紅葉かな

殿ヶ谷戸の紅葉

殿ヶ谷戸は紅葉がきれいな公園です。
湧水から湧き出る水の面を紅葉が辷(すべ)って池へ流れていきました。また、池の周りの色付いた木々が水面に映り、幽玄の趣を醸し出しているような空間でした。

09/12/2

   

外苑の銀杏とんがり帽子なり

神宮外苑の銀杏(いちょう)並木

神宮外苑の銀杏並木です。
ここの銀杏の樹は、なぜか全て尖がって整然と立っていました。
まるで黄色いとんがり帽子の行列のように。

09/12/1

   

山茶花や赤を纏(まと)ひて身じろがず

山茶花(さざんか)

晩秋から冬にかけての長い間咲き続け、目を楽しませてくれる山茶花です。
今真っ盛りです。赤い花を一面に付けて身じろぎもせず立っています。

09/11/30

   

錦木の拾ひ切れない赤さかな

錦木(にしきぎ)

わが家の錦木が真っ赤に紅葉しました。日を追ってどんどん葉を落としていきます。あまりの赤さについ拾い始めたのですが、拾い切れないほどでした。

09/11/28

   

黄葉してまるごと明るき大欅

大欅(おおけやき)

近くの神社の大欅です。
夏には若葉風を起こしたあの欅です。
今は真っ黄色に色付いて、木の下に立つとほんとに明るいのです。
俳句では葉が黄変することを「黄葉」と書いて「もみじ」と読みます。            

09/11/27

   

冬晴れに皇帝ダリア君臨す

皇帝ダリア

お隣りの庭に皇帝ダリアが咲きました。その丈5、6メートルはあって、二階の窓まで届いています。
「皇帝ダリア」というだけあって、下向きに咲く花が高いところから私を見下ろしていました。        

09/11/18