野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

 
   

点描の鴨あまたなり琵琶湖の面(も)

琵琶湖の鴨

機会があって、ちょっと琵琶湖の岸辺近くに泊りました。
朝起きて窓から見た琵琶湖の様子です。
薄曇で遠方ははっきりしませんが、どこから飛んでくるのか、鴨の数がどんどん増えてくるのがよくわかりました。

10/2/1

   

餌に寄する鴨のあたまの深緑

マガモ

5キロほど離れたところにある別所沼の鴨です。
この周辺は、昔から画家、俳人、詩人など、文化人が住んでいたところです。
散歩がてら餌さをやる人が多いので、鴨はとても人に慣れています。競って餌さをとる時のマガモの頭の色がとても印象的でした。

10/2/5

   

白き衣(い)をまとひて今朝のしだれ梅

雪の中の梅

今年は本当によく雪が降りました。
この日も目を覚ましたら、ぼたん雪が降っていて、梅の花に積もっていました。
まるで白い衣装を纏ったかのように、きれいでしたよ。

10/2/18

   

誰(た)が来るや思ひめぐらし雛飾る

お雛様

いただきものですが、私のお雛様として毎年飾っております。
今年は体力的に七段飾りをすることができなくて、男雛と女雛だけ飾りました。
でも、これを見に来てくれるのは誰かな?と想像しながらの作業は楽しみな時間でした。               

10/2/21


   

行き行きて菜の花明かりに出会ひけり

菜の花

急に暖かな日になったので、普段余り行かない川の土手をどんどん上っていってみました。
突然目の前が開けて、菜の花畑に出会いました。菜の花の匂いにむせ返るほどでしたが、よくみると蜜蜂も飛び交い、ここだけはすっかり春の感じでした。

10/2/24


   

障りある生徒から受くサイネリア

サイネリア

たまたま行った図書館のロビーで、当地の特別支援学校(高等部)の生徒さんがバザーで売っていたサイネリアの鉢植えです。
生徒さん達が育てた野菜や花を売るのも授業の一環のようです。
花の色とその安さについ買ってしまいました。
今を盛りに咲くこの花、部屋の中が春らしい雰囲気になりました。

10/2/28