野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   

真夜開く月下美人の白々と

月下美人

わが家で久し振りに咲かせることに成功しました。ご近所の皆様も期待して、見に来てくれました。
午後8時咲き始め、ゆっくり花びらを広げました。顔を近づけると良い香りがします。
丁度12時の真夜中が満開となりました。
朝には既にしおれていました。
儚い花の命です。 

11/9/14

   

赤き花二段に構え花キリン

花キリン

多肉植物の仲間で、乾燥に強いようです。
今年の夏の暑い最中にもきれいに咲き続いていましたが、9月に入っても衰えを知りません。
花が二段にも三段にも重なって咲く面白い植物です。

11/9/16

   

土手道の帯の様なる曼珠沙華

紅白曼珠沙華

良く散歩する川沿いの土手に、季節がくると咲き始めます。
赤と白が入り混じって土手沿いに咲いていました。

11/9/23

   

八ヶ岳背に真っ赤なる七竈

七竈(ななかまど)

七度かまどに入れて燃やしても、なお残るというのでつけられた名だといわれます。
清里の駅前通りの街路樹として植えられていました。
この木は晩秋の紅葉が美しいという話ですが、まだ葉は青々として、垂れ下がった実が真っ赤に熟してとても美しかったです。

11/9/24


   

雨の中破蓮その実高く揚げ

破蓮(やれはす)

破蓮の句を作るため、上野の不忍池へ行ってきました。あいにくの冷たい雨の中、池を巡って写真を撮りました。
風に吹きやぶれた蓮の葉のことを破蓮とか敗荷(はいか)というとのことです。
まだ蓮の葉は青々として、破蓮の状態のものはほとんど見当たりませんでしたが、蓮の実が黒々と突き出ているのが印象的でした。


11/10/5


   

風に乗り列車の音やコスモス野

コスモス野

気持ちの良い秋の一日、隣り町まで行って風に揺れているコスモスの写真をとりました。
遠くで列車の音がします。
もっと遠くへ旅がしたくなりました。

10/11