野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   

藁葺きの古民家なつかし囲炉裏端

三渓園の古民家

先月、横浜の三渓園へ行きました。
明治の頃生糸貿易で財をなした横浜の実業家原 三渓の元邸宅で、今公園となっています。
広い園内には重要文化財を含む17棟の古い建物が、自然の景観の中にたくみに配置されています。
この古民家は白川郷から移設された合掌造の家で、中に入ると囲炉裏が燃えていました。
「栗の実煮てます囲炉裏端」というなつかしい童謡が口をついて出てきました。

11/11/22

   

おぼつかなき歩をふと止める返り花

返り花

公園を散歩していましたら、生垣の木が小さな花を付けているのを見つけました。
ツツジの返り花です。
私の人生もこの花のように、小さくてもいいからもう一度花が咲いたらいいなと、ふと思ったのです。

11/11/29

   

散る銀杏キャンパス明るく包みけり

銀杏並木

大学の横門から見た情景です。
丁度銀杏がしきりに散って、若者達が銀杏並木を向こうへ歩いていきました。
その姿を、美しい銀杏の黄葉が明るく包みこんでいました。 

11/12/6

   

ジングルベル聞こえてきそう師走の夜

イルミネーション

大学の若者達が手造りのイルミネーションで、大学構内や師走の街の一角を飾っていました。
そのひとつ、橇を引っ張るトナカイです。
クリスマスが近づいたことを感じます。

11/12/13