野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   
夏茱萸や渋きを食みし日の遥か
夏茱萸や渋きを食みし日の遥か

茱萸(ぐみ)

小淵沢へ行った折、森の一角に見つけました。
終戦直後に子供時代を送った者にとっては、この茱萸はつい口に入れたくなる懐かしい実ではないでしょうか。
一粒採って口に入れましたが、渋くてとても食べられる味ではありませんでした。

 

12/7/16


   
風蘭を窓口に置く公民館
風蘭を窓口に置く公民館

風蘭

風蘭は山地の老木に着生する蘭です。
この公民館ではエビネ蘭に続き今度は
風蘭の鉢植えを展示していました。
この風蘭は「雲海」と名がついていましたが、ほのかな香りがあって、山林に迷い込んだような気分になりました。

12/7/20

   
咲き揃う水色朝顔ドレミファソ
咲き揃う水色朝顔ドレミファソ

朝顔

早く起きたご褒美のようにいろいろな朝顔に出会えました。
水色朝顔は、ちょうど音階のように5つが咲き揃い、朝の気分を明るくしてくれました。

12/7/30

   
向日葵のような子の欲し花いちもんめ
向日葵のような子の欲し花いちもんめ

向日葵(ひまわり)

真夏の太陽の下、元気よく咲いている向日葵にはエネルギーが溢れているようです。
この身体にエネルギーを貰えるような、こんな子が近くに欲しいな!と、昔の遊びの「花いちもんめ」を思い出しています。

12/8/1

   
溝萩や媼(おうな)の作る花の庭
溝萩や媼(おうな)の作る花の庭

溝萩(みそはぎ)

溝萩は盆花とも言われ、盂蘭盆(うらぼん)の頃に花が咲きます。
農家にはよく植えられている花ですが、これを切って束ね、祖先を祀る精霊棚に供えて、水を掛けるものとして使うという話です。
ご近所の農家の庭にきれいに咲いていました。

12/8/1

   
昼顔の登りきったるフェンスかな
昼顔の登りきったるフェンスかな

昼顔 

よく散歩する川縁で、朝八時頃写しました。
まだ十分開いてはいないようですね。
フェンスの上まで登りきって、空の様子を仰ぎつつ、今日も暑そうだな、と言っているようです。

12/8/3