野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   
鹿の子百合主なき庭にひっそりと
鹿の子百合主なき庭にひっそりと

鹿の子百合(かのこゆり)

ご近所さまに老齢のため施設に入られた方があります。その方の庭先で咲いていた百合です。
手入れもままならぬ庭先に、こちらを向いて咲いている姿は、哀れでもあり、ちょっと撮ってあげたくなりました。

 

12/8/11


   
青空を謳歌するごと黄蜀葵
青空を謳歌するごと黄蜀葵

黄蜀葵(おうしょっき)

黄蜀葵はトロロアオイの漢名です。
今年の夏は強烈な暑さでした。その一因は、毎日快晴で青空が広がっていたことにあります。
その暑さにもめげず、それどころかその青空を讃えるごとく咲き登るこの花!その淡い黄色と空の青が爽やかな雰囲気を醸し出しています。この花は酢の物にすると美味しい一品となります。

12/8/13

   
登下校の子らを見守る凌霄花
登下校の子らを見守る凌霄花

凌霄花(のうぜんか)

正確には「のうぜんかつら」と言います。
学校の前のお宅に咲いていました。
塀からあふれ出てぶら下がっている二色の凌霄花に見守られ、生徒達は楽しそうに通っていました。

12/8/13

   
百年を生きたる母や百日紅
百年を生きたる母や百日紅

百日紅(さるすべり)

先日、主人の母がその百年の人生を終わりました。最後までしっかりした方でした。
庭に咲く薄いピンクの百日紅が、生命力の強さと母の人柄を表わしているような気がします。

12/8/26

   
葛の花その立ち姿獣の尾
葛の花その立ち姿獣の尾

葛の花

今年は土手が一面葛の葉で覆われてしまいました。葉のところどころから花が立ち上がってきています。赤紫色の大きな房状ですが、その立ち姿はまるで、獣が尾を上げているような感じです。
花の姿からも、雑草のように繁茂する葛のたくましさを感じました。

12/9/3

   
エル・グレコの描く空なり秋夕焼
エル・グレコの描く空なり秋夕焼

夕焼け空

夕方、カメラを持っての散歩中のことです。
ご近所の芸術家の先生が犬を散歩させておられました。
「あの夕焼けはスペインの画家エル・グレコの空ですね」と教えて下さいました。インターネットで探したら、「トレド風景」という有名な絵がありました。空が似てます。
絵画のことに知識のない私ですが、一つ勉強させていただきました。
夏の雲と秋の雲がせめぎ合っているため、このような夕焼け空になったものと思います。

12/9/4