野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   
コルチカム秋の陽射しを照り返し
コルチカム秋の陽射しを照り返し

コルチカム

図書館からの帰り道の花畑で見つけました。
穏やかな秋の陽を受けて咲いていました。
群生しているその辺りが本当に明るく感じられました。

 

12/10/20


   
かそけきや風に揺られて秋の草
かそけきや風に揺られて秋の草

秋の野芥子(あきののげし)

夕方の散歩で写出会った花です。
ハルノノゲシと似ていますが、秋に咲くことからアキノノゲシというようです。
秋らしい雰囲気を持つところが気に入りました。

12/10/20

   
赤まんま道々摘んで医者帰り
赤まんま道々摘んで医者帰り

赤まんま

大好きな畦道があり、この道を通るとちょっと詩心が湧いてきます。
畦道の赤まんまを摘むと、ままごと遊びをした幼い頃に戻ります。
今のように足が痛いことも無く、自由に飛び跳ねていた遠い昔を思い出しました。

12/11/1

   
バジルの香夫(つま)厨房に持ち帰る
バジルの香夫(つま)厨房に持ち帰る

バジル

野菜作りを趣味とする夫が、畑のバジルを摘んできました。これを使った料理は私の仕事。
いい香りを楽しみつつ、ランチはスパゲティーといたしました。

12/11/1

   
摘む手からぽとり抜け落つ零余子かな
摘む手からぽとり抜け落つ零余子かな

零余子(むかご)

この季節、自然薯の葉の付け根にこんな球が沢山出来ます。
これが零余子(むかご)で、これらを摘み取って零余子飯を作ります。独特の風味で野趣があります。
零余子は摘み取ろうと茎に触れるだけでぽろぽろ落ちるのです。

12/11/4

   
雨上がり庭の通草が笑い出す
雨上がり庭の通草が笑い出す

通草(あけび)

一昼夜降った雨が上って、庭に出てみるとわが家の通草が大きな口を開けてました。
晴天になったことを喜んで、プロペラの形に実った通草がまるで笑っているようです。

12/11/7