野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   
夏の果て休耕田の揚羽蝶
夏の果て休耕田の揚羽蝶

黄揚羽(キアゲハ) New!

私が住む辺りは稲作の生産調整と稲作のできる若い跡継ぎが減ったことから休耕田が結構多いのです。
最近、そこを飛ぶ蝶の姿をよく見かけます。
「荒地花笠」という薄紫の花に 止まって必死で蜜を吸う黄揚羽の様子が、いかにも夏の終わりを感じさせて哀れを誘います。

  2016/8/26

   
雨止んで稲穂に安らぐセセリチョウ
雨止んで稲穂に安らぐセセリチョウ

セセリチョウ New!

田んぼへ行くと、実った稲穂がほんのりとよい香を放っております。
その香に安らぐように、イチモンジセセリが翅を休めて水を飲んでいました。

2016/8/28

   
秋草と戯れている立羽蝶
秋草と戯れている立羽蝶"

立羽蝶(タテハチョウ)New!

この蝶はせわしなく飛び交い、ひと時 もじっとしていません。
丁度花に止まって蜜を吸った瞬間を連写してやっと撮りました。
ネットで調べたら「ツマグロヒョウモン」のようです。
以前は西日本までの 生息域が、温暖化の影響で関東地方にまで広がったようです。

2016/9/2

   
キャンパスをいろどる実珊瑚赤々と
キャンパスをいろどる実珊瑚赤々と

珊瑚樹 New!

大学の一角に何本もの珊瑚樹が見事な 赤い実を垂らしていました。
今年は特に見事でした。

2016/9/2

   
行き過ぎて香に振り返る花常山木
行き過ぎて香に振り返る花常山木

常山木(くさぎ)New!

別名臭木(くさぎ)とも書かれ、その葉を千切ると臭いがする木です。
しかし、花は白くて芳香を放ち魅力的です。
書によれば、その実は艶のある瑠璃色に熟すと書かれています。その時をぜひ確かめたいと思いました。 

2016/9/2

   
トロロアオイ空にふわふわ白い雲

トロロアオイ New!

トロロアオイは、オクラに似た花を咲かせることから別名花オクラともいわ れ、ふわふわと咲く一日花です。
オクラは実を食するのですが、トロロアオイは花を三杯酢で食べます。
 口にするとちょっと粘り気があって、ふわふわした感触でした。  

2016/9/3