第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第3回 茄子

茄子はインド原産で奈良時代遣唐使によってもたらされました。

  1. 富士 2、鷹 3、なすび といわれ なすは成す=成就という意味で尊びました。

当時茄子を食すことはステイタスであったようです。徳川家康は茄子が大好物で、駿府にいた頃は「折戸なす」を粕漬けにして食していたそうです。
現在茄子は300種程度ありますが、日常的に使っている茄子は「真黒茄子」「米茄子」「賀茂茄子」などです。
安土城で信長が家康を持て成した本膳料理の中の一品に「茄子の鴫(しぎ)焼き」があります。
茄子を筒状にくり抜き、中に鴫肉を詰めて焼いた料理です。私たちは今も鴫肉がなくてもフライパンで焼いただけでも茄子を焼くと「しぎ焼き」といっています。

* 心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ (西行法師)

茄子のしぎ焼き
作り方
 
材料4人分
 
茄子
・・・
4本
 
サラダ油
・・・
大2
 
鶏ひき肉
・・・
100g
 
・・・
大2
 
みそたれ
・・・
大6(市販、八丁 イチビキ)
 
 
①小鍋にひき肉を入れ、酒を加えて箸でよくほぐしてから火にかけ、ほろほろになったら味噌を入れ混ぜてぽってりと火を通す。
②つやの良い普通サイズの茄子を求め、縦半分に切って皮側に浅い切り目を入れる。(皮までいただきたいので) 
③薄い塩水に入れてアク抜きをして水気をよく取る。
④フライパンに油を敷いて少し焦げ目がつく程度に両面焼く。
 
⑤焼き茄子の上に①の鶏みそを塗って、一口大に切って再び茄子の形に盛りつける。
賀茂茄子田楽
作り方
 
材料(4人分 )
 
賀茂なす
・・・
2個
 
揚げ油
   
 
調味した出汁
   
  練り味噌
・・・
西京味噌 100g
 
  砂糖 小2
      みりん 大 1/2
      酒 大1
      出汁 大1
      卵黄  1/2
  青柚子
・・・
少々
 

 

①茄子は両端を落とし横半分に切り皮は模様切りする。
②箸で裏側から穴を開けて油で揚げ油抜きして薄味のだしで煮る。
 
③天板にのせ練り味噌を塗って、上に少し焦げ色がつく程度焼く。ふり柚子をして温かいうちに勧める。
 

※昔から「秋なすび 嫁に食わすな」の言い伝えがあります。姑の意地悪なことばといわれていますが、夏に収穫する茄子は体を冷やす作用があるので、身ごもったりする嫁には食べさせない方がいいという嫁を気使ってのことばでしょう。

※秋なすび わささの粕に つきまぜて 嫁にはくれじ 棚におくとも  (夫木和歌抄)