第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第6回 ぶどう
ぶどうは世界で一番生産量の多い果実で多くはワインに加工されますが、日本では90%が生食用にされています。主な生産地は山梨県、長野県、山形県です。主な品種は巨峰、ピオ-ネ、甲斐路、デラウェア、マスカット等で 果糖、ぶどう糖、酒石酸、リンゴ酸、紫色の果皮はポリフェノールを多く含んでいます。ポリフェノールは癌や動脈硬化、老化予防に有効といわれています。 今回は濃い紫色の大粒の巨峰を使って向付を作ります。酢の物がちょっとおしゃれになる黄身酢の作り方をご紹介します。
黄身酢
作り方
 
材料(4人分 )
 
ぶどう(巨峰種なし)
・・・
12 粒
 
車海老
 
・・・
12 尾
  茗荷  
・・・
2 個
  黄身酢  
 
    卵黄 
・・・
2 個
    合わせ酢    
 
 
大 2
      砂糖 大 1
      だし 大 1
      みりん 大 1
      小 1/2
 
山葵 おろして
・・・
小 2/3
① 黄身酢は、まず調味料を合わせておく。
② 小鍋に黄身を入れ、ご飯しゃもじでよく溶いて①の合わせ調味料を徐々に入れ 混ぜる。(分離させないように)
③ 大鍋に湯をわかし②の小鍋を入れて攪拌すると(湯せんにする)マヨネーズ状になり、出来上がり。冷めるまで時々攪拌する。山葵を混ぜる。
④ 車海老はのし串を打ち、塩茹でにして笊に上げ串をくるっと回しておき、濡れ布巾に包んで冷蔵庫に入れ、冷えたら取り出して串を抜き頭を切り落として殻をむき、一尾を3つに切る。(頭はもったいないので焼いて食べること)
⑤ ぶどうは皮をむく。
⑥ 茗荷は一枚ずつはがし、揃えて千切りにして水に浸し笊にとる。
⑦ 器に黄身酢を置き、ぶどうと海老を盛り⑥を添える。
 
 
※黄身酢は「胡瓜、わかめ、いか」など惣菜の酢の物にかけると色どりも良く、美味しくなります。また海老は冷凍海老でも、ぶどうはデラウェアでもかまいません。
卵白が残ったら淡雪羹(卵白を泡立てた中に寒天と砂糖を煮つめて混ぜる)を作るのも良いでしょう。
※鹿児島(薩摩の国)から富士宮(駿河の国)へ嫁した友人からぜひにというお誘いを受けて、小旅行です。迎えに来てくださった友人は「ここに来たらまずは身延山ね」という訳で久遠寺に向かいました。たまたま日蓮上人750年忌に建立した五重塔が完成したばかりで、小雨けぶる峰々に囲まれた風景はまさに墨絵の世界でありました。立派なたたずまいの伽藍に入ると回廊に日蓮上人61年の生涯の絵伝がかけられていました。中でも法華経の教えを広めていた上人が鎌倉幕府に弾圧を受けた絵図に胸を打たれました。奥へ進むと祖師堂に日蓮大菩薩像が安置された厨子がありました。御開帳してお経をあげて頂き、参拝して心安らかになりました。
その後、一路勝沼へ、一面のぶどう畑を見ながら車窓の人となりました。
友人の案内よろしく、かつてぶどう酒の貯蔵庫であったトンネルを見物したり、のどかなワイナリーをあちこち見て回りました。
やっと目的地、昔から有名なぶどう園(原茂ワイン)に落ち着き、ひと休みです。
直営のカフェ(カーサ・ダ・ノーマ)では、ワインセラーの中に、果実から醸造された沢山のワインが整然と並んでいました。ここのお店の一押しは、甲州ぶどうで造った辛口の白ワインです。パンとカボチャのスープに始まり、ワインに合わせたいろいろなお料理が真っ白なプレートに配色よく盛られて持ち出されました。ボローナソーセージ、トマト入りソーセージ、クリームチーズ、レタスのレモンマヨネーズ、インゲンのバジルペースト和え、マイタケのグリル、長葱のバルサミコソテー、さつま芋のチップスなどです。ひとしきり大学時代の話に花を咲かせ、日頃の忙しさから開放され、心豊かな時間を共有しました。
いよいよ ぶどう狩りです。棚には緑色のロザリオビアンコ、紅色の甲斐路、紫色のピオーネ、おなじみのデラウェア、甲州、ベリーA、瀬戸ジャイアント、シトロンネル、女性らしい名のレディスフィンガー、ルビー奥山、モナリザなどの房が見事に垂れ下がっていました。試食させて頂きながら、各々好みの房を切り取って買い求め、自宅や知人宅へ郵送しました。
乙女心に帰ってはしゃいだ後は さすが年、うとうとしながら電車に揺られ、またの再開を約束してお別れしました。