第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第8回 普茶料理

江戸時代に隠元禅師によって開かれた京都の宇治にある黄檗山万福寺に伝わる料理です。来年(2011年)は開祖350年に当たるので、今年の10月から来年の9月迄、各地でいろいろな行事が行われるのだそうです。万福寺では 現在61代目の管長ですが23代目まで中国僧が管長でしたので、中国風の精進料理、普茶料理が供されています。

普茶とは広く大衆に茶を施すという意味です。動物性のものを使わず、山谷の自然の恵み葛粉や植物油を使って高タンパクで栄養バランスのとれた献立になっています。一卓を四人で囲んで大皿盛りの料理を各人の小皿に取り分けていただきます。料理は 梅干しの天ぷらやうなぎもどきなど、もどき料理も多く、他に私達が良く知っている麻腐と呼ばれる胡麻豆腐は有名です。
胡麻豆腐
作り方
材料(4人〜9人分)
当たり胡麻
・・・
50g
吉野本くず粉
・・・
70g
・・・
3C
・・・
小1弱
みりん
・・・
大1
割りじょうゆ    
薄口しょうゆ
・・・
大1
だし
・・・
大1
わさび
 
 
① 大きめの片手鍋に当たり胡麻を入れ、水を大さじ2杯入れて、しゃもじでよくかき混ぜると、白っぽいざらざらした状態になり、胡麻の香りが出る。
② ボウルにくず粉を入れ、分量の水で溶き、万能こしを通して①の鍋に徐々に入れて混ぜる。
③ 鍋を火にかけ、絶えずかき混ぜながら強火から中火、濃度がついてきたら弱火にして15分以上万遍なく練る。途中、塩とみりんを加える。(写真)
④ 流し缶に流し入れ、冷し固める。
⑤ すっかり固まったら、適当な大きさに切る。
 
 

※胡麻を収穫してから胡麻豆腐を作る迄の作業の中でも、特に胡麻をするのは大変でした。大すり鉢を囲んで弟子達は一生懸命すったのでしょう。師匠に認めてもらいたくて・・・。師匠に認めてもらうのは、ごまをするように大変だ。
「ごますり」の語源だそうです。

※胡麻は日本ではあまり良い意味に使われていませんので、国外に目を向けてみました。
「開けごま!」で知られている「アリババと40人の盗賊」の話が作られた時代、中近東地域では、ごまは油を搾るための重要な作物として貴重な財源=宝物でした。ごまは成熟後乾燥させると、種子の詰まったさやが割れ、中の種がはじき出ます。「イフタフ ヤー・シムシム」の呪文は「ぎっしり詰った大切な宝よ、早く出てこい!」という願いが込められているのでしょう。
「Open Sesame!」「開けごま!」と大きな声を出して胡麻を食べると心開かれ、元気になって開運まちがいなしです。