第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第10回 蓮根
蓮根は奈良時代に鑑賞用として仏教と共に渡来し、食用品種は鎌倉時代に導入され在来種となりました。
蓮根にはデンプン質が多いので、熱に弱いビタミンCが失われにくく、またムチンという糖タンパク質も含まれているので、胃腸に優しく疲れた時には有効です。
蓮根は沼地で生まれたとは思えないほど白く美しい食材(地下茎)です。
酢煮にしてシャキシャキと食べるのがおいしいのですが、歯が弱くなった主人は「もう固いのは駄目」というので、すりおろして大好物のうなぎを芯にして饅頭にしてみました。
蓮根饅頭(碗盛、清汁薄葛仕立)
作り方
材料(6人分)
鰻の蒲焼き
・・・
1匹
蓮根
・・・
1節(300g)
・・・
小1/2
片栗粉
・・・
大1
卵白
・・・
1個
だし
・・・
4C
・・・
小1
薄口醤油
・・・
小1
みりん
・・・
小1
片栗粉
・・・
小1
いんげん
・・・
3本
生姜
・・・
1かけ
 
① 鰻は12切れにする。
② 蓮根は皮をむいて酢水に晒し、おろし金でおろして、その中へ塩と片栗粉を入れ混ぜる。
③ 卵白は固く泡立て②の蓮根にさっくりと混ぜる。
④ 小皿6枚に1人分2切れの鰻を置き、上に③の蓮根をこんもりとのせ7~8分中火で蒸す。(じょうよ饅頭のように丸くおく)
⑤ いんげんは塩茹でして細長く切る。
⑥ だしに吸い味をつけ、とろみをつける。(片栗粉は同量の水で溶く)
⑦ 碗に熱い鰻の蓮根饅頭を盛り、いんげんの細切りをのせ、熱々の汁を張って、おろし生姜をのせる。

 

~小話~
長野と山梨の県境、諏訪郡富士見町あたりの2~3Km範囲に井戸尻遺跡群があります。その一角、小高い丘の上の井戸尻考古館は 前方に甲斐駒ケ岳や鳳三山(ほうおうさんざん)、左手に富士を望む景勝の地に建っています。
館内には手ひねりとはとても思えないような素晴らしい縄文土器が整然と陳列されており圧巻です。
また、館を下ると、昔も今も湧水が満ちあふれ、人々はこの沢に添って生活していたのでしょう。
写真のハスの花はここで撮影した埼玉蓮(さきたまはす)です。7~8月に花が咲き、花びらが落ちると蜂須となり、中には種が入っていて、乾燥するとカラコロと音がします。この種は昔から不老長寿の薬として珍重されています。茶懐石では炉開きや初釜の箸洗いに使ったりします。

※蓮根は浜松市西区でも取れますが、茨城県土浦市が有名です。
蓮根には10個ぐらいの穴があいていることから「見通しが良いから食べなさい」と母に言われたものです。
現在も縁起物として、おせち料理や秋祭りの御馳走など慶事に使用されています。