第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第15回 上巳の節句(桃の節句)

3月3日はひな祭りです。ひな人形を飾って女の子の無事成長と幸せを祈る日。中国からの故事にならったもので大変古くからの行事です。
日本書紀には「上巳のはらい」と称して水辺で宴を催し「曲水(ごくすい)の宴」をしたと記されています。これが3月3日のことです。平安時代この曲水の宴は川の流れに盃を浮べて自分の前を通り過ぎないうちに詩(うた)を読み酒を飲む風流な文人の遊びとなりました。現在この古代行事は、京都の城南宮や浜松の万葉の森公園、平城遷都1300年祭のイベントなどで再現されています。

この上巳の祓えの曲水の宴と人形(ひとがた)が結びついたのは源氏物語に出ています。光源氏が上巳の節句に海岸に幕を張り陰陽師を呼んで「はらい」をしてもらうことになり大きな木の人形にわが身のけがれを移して舟に乗せ海に流したくだりがあります。「流しびな」のルーツです。私は三女でしたので、姉達の病のたびに平癒を祈って皆んな流されてしまいました。祖母がかわいそうだからと私に大きな「這子(ほうこ)様」(おかっぱの日本人形)を送ってくれました。
赤ちゃんに人形を送る風習は平安時代 公郷の間で生まれ、今のように初節句の祝いに嫁の里方から婚家へ人形を送るようになったのは明治時代からです。飾っておく期間は昔、雛市の立つ2月25日から3月3日まで。早くしまうのは女の子が出遅れないようにという願いが込められています。
ひなを飾るようになったのは室町時代からで室町びな、寛永びな、立ちびななどがありますが、時代や家柄によって格差があります。現在の豪華な御殿びな飾りは宮中のお祝いの宴を再現したものです。
ひな壇の脇には桃の花を飾ります。桃の木は兆(きざし)を持った木として未来を予知し魔を防ぎ数としても多数(多産)を意味し聖木とされています。
鬼退治に行ったのも桃から生まれた霊力を持った桃太郎です。

又、実は不老長寿の仙果といわれ、桃色の果実の形状が女性のシンボルに似ていることから女の子の魔よけと幸せを祈って、昔は娘が桃割れ(髪形)を結いました。私も高校卒業と同時に父の希望で桃割れを結いました。箱枕をかって寝ましたが、とても苦しくて昔の人は大変だったと思ったことです。
供え物はお白酒、菱餅、ひなあられ、金平糖、他に生きた「さざえと蛤」です。お白酒は餅米の酒、菱餅はインド仏典の説話にちなんだもので、女子の命を救ってくれた菱の実に感謝してその実で餅をつき、その形の菱形の餅を供えます。さざえは男性、蛤は女性です。
昔、「貝合わせ」という遊びがありましたが、二枚貝は一対でないと蝶つがいが合わないことから女の子が一度の結婚で幸せになるようにと願ったのです。
行事食としては、神様には餅を供え、私達はうるち米をいただきます。
昔は赤の御飯(うるち米に小豆の入った御飯)とひなの汁(白味噌仕立ての紅白つみれと蕪の味噌汁)、他に白魚椀や手まり麩と春野菜の炊き合わせ、さざえや蛤の焼き物でしょうか。
また、「いただき」といってひな人形を頂いた方へのお返しとして草団子に小豆あんこを半量ずつ入れた重箱を持って上がったようです。戦後も和菓子屋さんで折箱で売られていました。

現在、ひな祭りのご馳走はちらし寿司と蛤の吸物でしょうか。さざえのつぼ焼きも添えてみます。ちらし寿司は大きな桶(器)で供され皆んなで取り分けていただく共食の象徴です。そしてお客様の前で食事のマナーを学ぶという意味もあったようです。
作り方
ちらし寿司
 
材料(4人分)
・・・
2C(水2.4C、昆布5cm)
合わせ酢
・・・

米酢大3、砂糖大2、塩小1

人参
・・・

30g

干椎茸
・・・

3枚

かんぴょう
・・・

10g(調味料)

シラス干し
・・・
20g
焼きのり
・・・
1枚
海老
・・・
8匹(甘酢)
・・・
2個(砂糖小2、塩少々、片栗粉小1、水小2)
タラ切身
・・・
150g(酒・砂糖各大1、塩小1/4、食紅)
さやえんどう
・・・
5枚

蓮根

・・・
5cm(甘酢)
 
 

① 米と昆布を30分浸して昆布を取り出して炊く。
② 炊き上がったら釜の中に合わせ酢をふり入れてから桶に移す。すし飯の温かいうちに具を混ぜる。
③ 人参、椎茸は千切りして煮る。のりはもみのりにする。
④ かんぴょうは洗って塩もみして洗い、ゆでてから出し汁で煮て調味し、1cmに切る。
⑤ すしめしに③④とシラス干しを入れて混ぜる。

⑥ 海老は塩ゆでして甘酢につける。卵は錦糸卵にする。蓮根は花ばすにし、甘酢につける。
⑦ タラはゆでて骨と皮を取り、布巾に包んで水の中でもみ洗い身をほぐし空炒りし、調味料を入れ溶いた食紅も入れて淡い桃色のそぼろを作る。
⑧ えんどうは細く切ってから塩ゆでする。
⑨ 大皿にすし飯を盛り、⑥⑦⑧を彩りよく飾る。

作り方
蛤の潮汁(うしおじる)
 

① 鍋に水4カップと昆布10センチ角一枚と蛤・酒小さじ1を入れて、沸騰直前で昆布を取り出し、浮いてくる泡をすくい取りながら貝の口が開いたら塩小さじ1を入れて味を整える。
② 椀に2個ずつ入れ、花びら形にしたうどを散らし蝶柚子を吸口にする。

 

~小話~
江戸時代、「おひな様」を購入できる裕福な家庭はごくまれでありました。せめて愛する子や孫のためにと手造りの雛を夜なべで作りました。
梅のほころびかけた丸子の宿へ夫をアッシー君にして、つるし雛を見に行きました。ウサギやカメ、キンチャク、ハイコ等々細やかな技と真心こもった作品ばかり、色彩やかに演出され、無数につり下げられていて見とれるばかりでした。
ついでにつるし雛で有名な稲取にも足を運び由緒ある雛壇飾りも見学致しました。この「雛のつるし飾り」は100年の歴史があるということで、3月31日迄展示されています。