第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第17回 お花見

お花見といえば桜の花。薄紅色の美しくはかない花は いにしえから日本人の心に深く関わってきたような気がします。
花見は源氏物語に出てくるほど、古くから上流社会で行われていましたが、町人が経済力をつけた江戸時代からは庶民の年中行事となりました。現在も日本中の人々が楽しんでいます。お花見にはお弁当が付き物です。そのルーツをたどってみましょう。
昔、旅人は乾飯(ほしいい)を持って出かけ、湯で戻して食べました。その湯水を提供し、マキ代として賃金をもらったのが「木賃宿」です。やがて次第におむすびをホウや竹の皮に包んで持って行くようになり、更に後には曲げ物の桶に食物を盛る弁当箱が普及しました。室町時代には重箱も登場し、大名行列では美しい提げ重がお供をしました。現在、行楽にはおむすびは勿論、お弁当箱は汁がもれないタッパーなどで使われています。また、重箱はおせち料理や祝事などに使われています。

今回は一般的な「松花堂弁当」を作ってみましょう。この弁当箱は松花堂昭乗(江戸時代初期の学僧。書画家)愛用の絵の具箱に似ていることからの呼び名です。
花見弁当 (さよりの昆布じめ・ひさご卵・花見団子・桜長芋・春子椎茸・ふきの青煮
・筍土佐煮・筍木の芽和え)
作り方

 

材料(4人分)
さより…4匹
  昆布、うど、わかめ、わさび
卵…4個
  だし…大4、砂糖…大2、塩…小1/3、三つ葉
生身…150g(市販)
長芋…12cm
  砂糖…大4、塩…小1/4
生椎茸…4枚
  だし…1/2C、砂糖…小1と1/2、醤油…小1と1/2
ふき 2本
  だし1C、みりん 大1、塩 小1/2
ゆで筍…200g
  だし…1C、酒・みりん…各大1、砂糖…小1、
塩…小1/4、醤油…小1、粉節…大1
ご飯…米2C
  桜花塩漬…12輪
香物
  たくあん、桜漬、菜の花漬け

 

 
 

① さよりは三枚におろし腹骨をすき取り、立塩に10分漬けてから昆布じめして皮をひき、片身を2~3ツに切る。酢水でさらして千切りうど、わかめ、わさびを添えて盛る。
② 卵は調味料を入れてよく溶き、1/3量ずつ流して厚焼き卵を作る。熱いうちに、スダレに巻いて中央を菜箸で押え、ひょうたん形に整える。冷めたら切って三つ葉で飾る。
③ 生身は丸めて色づけし、丸めてゆでて串に刺す。長芋は桜形に抜いて甘煮にする。
④ ふきは塩をまぶしてゆでて水に取り、皮をむいて5cmに切り、煮汁で煮て、いったん皿に取り、両方冷めてから再び含ませる。(青煮)
⑤ 削り節を弱火でいってビニール袋に入れ、もんで粉にする。
⑥ 筍はだしに調味料を加えてゆっくり煮て⑤の粉節をまぶし、火を止める。
⑦ 筍100gはさいの目切りして薄味で煮る。うど50gは皮をむきさいの目切りにして酢水でゆでる。
⑧ ゆでたほうれん草の葉先5枚と木の芽10枚をすり鉢ですり、酢味噌(西京味噌大さじ2、砂糖・酢各小さじ1.5)を入れてすり、⑦を和える。
⑨ ご飯は型でぬき、花と胡麻をのせる。香物を添える。
⑩ 器に写真のように盛り込む。

~小話~
父へのお詫び
「サクラサイタ。」かつて受験に合格した折の実家に打った電報です。妹(末娘4女)の大学受験に付き添っていた私が東京から打った電報に父は複雑な気持ちだったそうです。
終戦と同時に多額の預貯金がゼロに等しくなってしまった父はつらい思いをしておりました。衣料キップで嫁入り支度をして2人の姉を嫁がせたその後で残る4人の年子の子供達を東京の大学に送るのは大変であったのでしょう。
今、私は子や孫、そして就職難の若者達を目の当たりにして父の苦労が忍ばれます。また今回の大震災(平成23年3月11日、2時46分pm)は、さながら戦後の焼け野原の光景を見るようで胸がつまる思いがしました。当時の父母の心痛はいかばかりだったのでしょうか。
この両親へのたった一度の親孝行は京都へのお花見でした。
朝、平安神宮へ電話をしました。「桜の見頃は?」「今日あたり」。早速父母をつれて新幹線に乗りました。年寄りは前から言っておくと負担になるので、頃を見計ってのことです。花の寺(勝持寺)、醍醐の桜、平安神宮の枝垂れ桜を見て円山公園に着いた頃、父はすっかり疲れてタクシーの窓から眺めていました。そして「花見のために京都まで来るなんて、こんなぜいたくは初めてのことだ。これが本当の花見だのー」としみじみ語りました。
帰宅後しばしばこの日の写真の催促をされましたのに、私は、「カメラの電池が切れていて撮れていなかったの。父さんの目の中に写っているでしょ。」とすげなく言ったのです。孫達の成長していく家族写真を眺めて楽しむ時、父に大変申し訳ないことをしたと思うのです。 この旅は、父が遠出をした最後となりました。「願わくは 花の下にて春死なん この如月の 望月の頃」(西行)。父は数年後の桜の花の散る頃 亡くなりました。