第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第18回 花祭り(灌仏会)

卯月8日はお釈迦さまの誕生日です。お釈迦さまは今から2500年程前(紀元前467年)、釈迦族の王シュッドーダナ(浄飯王、じょうぼんおう)とその妃マーヤー(摩耶夫人、まやぶにん)の間に王子としてお生まれになりました。伝承では摩耶夫人がお産のため実家に帰る途中、現在のインド国境に近いネパールのルンビニ園で誕生されたそうです。お釈迦さまはお生まれになるとすぐに7歩歩かれ、右手で天、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊」と言われたと伝えられています。
仏教では4月8日にお釈迦さまの誕生を祝う儀式「花祭り」「灌仏会」が行われます。誕生の地ルンビニ園ではアソカの花(無憂樹)が咲き乱れ、目のさめるような美しさだったことから「花祭り」と呼ぶようになりました。また、灌は注ぐという意味でお釈迦さまがお生まれになった時、帝釈天や梵天が天から降りてきて龍王が天上から産湯を注ぎかけたこと(甘露の雨を降らせた)から「灌仏会」と呼びます。この日、人々はお寺の花御堂にまつられた誕生仏に甘茶をかけて祝福します。
お釈迦さまは29歳で出家して難行苦行の末「菩薩から仏陀」となりました。そしてインド各地を遍歴して多くの苦しむ老若男女に法を説き弟子をつくり、民衆を励ましました。マガダ国の竹林精舎やコーサラ国の祇園精舎は有名です。素足で法を説くお釈迦さまの行く先々には人々が蓮華の花びらを敷きつめてお迎えしたそうです。蓮華は泥(現実の生活)の中から純白の花(清い心)を咲かせることから尊ばれています。
昔、清水寺の多宝閣の高さ18mの場所から仏足石に蓮華に形取った5色の紙の花びらを散華した思い出がふとよぎりました。

今回はいろとりどりの春野菜を使ってルンビニの花園のような「菜種まぶし」をつくります。

菜種まぶし
作り方
材料(6人分)
春子鯛
・・・
2匹
塩・酢
・・・
各適宜
絹さや
・・・
20枚
新人参
・・・
5cm
うど
・・・
10cm
三つ葉
・・・

1束

三杯酢    
・・・
大2
だし
・・・
大1
砂糖
・・・
大1
みりん
・・・
小1
・・・
小1/4
茹で卵
・・・
3個
 
 

① 春子(かすご)鯛は3枚におろし、塩をして30分おき、酢洗いしてから、酢に15分浸す。骨を抜き、斜め細切りにする。(小鯛のささ漬けを使っても良い。)
② 絹さや、人参は千切りにして各々色よく茹でる。
③ うどは皮をむき5cm長さの千切りにして酢水に晒す。
④ 三つ葉は茹でて水に取り5cmに切る。
⑤ 茹で卵の卵白は細切り、卵黄は裏ごす。
⑥ 調味料を合わせて三杯酢を作り①②③④と卵白を入れ、混ぜ、軽く水気を切る。卵黄でまぶす。

~小話~

4月3日(日曜日)庄内町の宿蘆寺で毘沙門天王祭と一緒に灌仏会が行われました。本堂では大勢の檀家の人々や信者が家内安全、商売繁盛の絵馬を奉納し和尚さまの読経と共に震災で亡くなられた方々の御冥福と被災地の復興を祈願し合掌しました。お釈迦さまの誕生仏がまつられている御堂は花で飾られ、人々は手に手に小さなひしゃくで甘茶をかけお祝いしました。境内では甘茶がふるまわれ、紅白の投げ餅に近隣の大人も子どもも大はしゃぎ。甘茶もお餅も持ち帰ってお釈迦さまと共にいただき(共食)、身も心も清らかな人になることをお約束しました。

余談ですが宿蘆寺には父母が眠っています。嫁(次男の妻)と孫が初めてお墓参りをしてくれ、うれしい一日となりました。