第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

第19回 端午の節句(こどもの日)
庭の菖蒲

5月5日は端午の節句。男の子の無事成長と出世を祝う日です。
端午とは5月最初の午(うま)の日という意味です。中国では陰暦の5月(午月)は物忌みの月で、神を迎え病気や災厄を祓う行事が行われました。日づけの午の日は毎年変わるので、めでたい陽の数を重ねて5月5日に定めました。
端午の節句は平安時代の公家社会から武家社会に移るにつれ、菖蒲を尚武(武士を尚(たっと)ぶ)にもじって男の子の節句にしたと記されています。
この日は武者人形を飾って鯉のぼりを立てます。武者人形は、かつては大将飾りが人気でしたが、現在は武士の象徴である鎧兜を主役にして桃太郎や金太郎、弁慶や牛若丸、鍾馗(しょうき)などを飾ります。男の子がその武運にあやかって健やかに力強く育ってほしいという願いが込められています。
鯉のぼりを庭先に立てるのは跡継ぎができたことを世間に知らせるためです。300年の歴史がありますが、今はやや困難になりました。鯉は立身出世のシンボル。栄達の関門を登竜門といいます。鯉は滝を登って竜になるという中国の故事に由来します。また「俎(そ)上の鯉」と表現されるように鯉はまな板にのせてもじたばたしない潔い魚だからでしょう。日本の包丁式にも用いられています。
ここまで書いてくると「鯉の丸揚げ」(中国料理のお祝いの最後に出される料理)が出そうですが、鯉は入手困難なので、日本ではめでたい魚の代表、鯛の焼物(家喜物)を作ってみましょう。

桜鯛一遍醤油焼き姿盛り
作り方
鯛は桜の頃、子を持って桜色になり桜鯛と呼ばれ一番おいしい時期です。 大きな真鯛は姿のままでは調理しにくいし、食べにくいので身を6切れにして焼き、頭と中骨は姿のまま焼いて身を盛り込みます。

材料(6人分)
・・・
1匹 700g位
(正味 250g)
・・・
小1
かけ汁    
・・・
大2
醤油
・・・
大1と1/2

① 鯛はうろこを取り、わたを出し、きれいにして、腹の部分は残して両側の身を切り、片側を3切れに切る。ここまでは魚屋さんに頼みましょう。
② 切り身に塩をして骨が浮いてきたら骨抜きで取り、皮目に切り目を入れる。
③ クッキングシートを敷いて250度の天火で5分焼き、かけ汁を1回かけて乾かす程度に焼く。
④ 頭つきの中骨にうねり串を打ち、尾や背びれには飾り塩をふってオイルを塗ったホイルで包み天火で焼く。
⑤ 大皿に④を盛り、上に③を盛りつける。

※筍、鶏肉、椎茸の炊き合わせ、木の芽添えも作りました。 

~小話~

今年は未曾有の東日本大震災(東北関東マグニチュード9.0と大津波)と福島原子力発電所からの災害で自粛となりましたが、浜松では5月3・4・5日に勇壮な凧揚げ祭りが行われます。初の子どもが生まれると町内の自治会に届け出て、凧の大きさやお接待の日時などを相談します。自治会では子どもの名前と家紋を入れた凧を用意して、凧揚げ会場で3日間、大空に高く揚げてお祝いをしてくれます。施主になった時の忙しさと喜びは特別なもので、是非体験してみてください。

さて端午の節句には軒先に菖蒲とよもぎの薬草をさして邪気を払うことを致します。ちょうど梅雨の頃なので、その下をくぐって入ると薬効を含んだ湿り気が体にまとわりつき、病を防ぐといわれています。今も各家でしています。又、菖蒲湯は天平の昔から万病を払う薬効を持ったものとして宮中で用いられたもので、湯舟に浮かせて入浴します。父母からの伝承で幼い頃より湯舟の中ですり傷に巻き付けていましたので、今も足腰の痛い所に巻き付けて入浴しています。ここで菖蒲というのはサトイモ科の古名「アヤメ」という香りの良いもので花菖蒲ではありません。花菖蒲はアヤメ科の庭園栽培のもので香りもなく、菖蒲湯にしたり菖蒲酒にすることはありません。

節句のお供えは粽(ちまき)と柏餅、お神酒は菖蒲酒です。粽は古くは茅(ちがや)の葉で巻いたので「ちまき」といいますが、江戸時代からは笹、菰(まこも)、葦、菖蒲などで米を巻き5色の糸で竜の形に整えました。今は笹の葉で巻いています。柏の木は新芽が出てから古い葉が落ちるので、家系が絶えないという縁起をかついでこの葉で餅を包みます。又、柏の葉は防腐効果をねらったもので昔の人の知恵の深さがしのばれます。柏の木は男の子が生まれると植えられ、庭の1本の柏の木は代々御用をつとめているのです。幼い頃、母に粽と柏餅について聞きました。昔から子孫繁栄を願ったので、男性と女性の形でしょといわれたのを思い出します。