第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

祇園祭は京都の八坂神社に代表される夏の疫病除けの庶民信仰です。祭神は須佐之男命で7月1日から始まり7月31日で終わります。
須佐之男命は若い頃、とても乱暴者で青い山を枯山にしたり人々を苦しめたりの悪行をしたので、姉の天照大御神は天石窟(あまのいわや)に籠ってしまいました。神々は高天原(たかまがはら)で須佐之男命の髪や手の爪を抜いて罪をあがなわせ、悪性を善性にかえさせたのです。善神となって出雲の国、簸(ひ)の川に降り立った須佐之男命はそこで八岐の大蛇(やまたのおろち)に食べられようとしていた櫛名田比売(くしなだひめ)を助け、大蛇を退治して尾の中から天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を取り出し天照大御神に献上しました。そして櫛名田比売と結婚して出雲の国を治め安定をもたらしました。
命(みこと)の荒々しい性格がかえって災いを祓ってくれる強い神ととらえられ、又、行疫神(厄神)の牛頭(ごず)天王とも習合したので疫病、災厄をまぬかれるとの信仰が生まれました。
天禄元年(970)に始まった祇園御霊会によって、この平安京を中心とする庶民信仰はしだいに発展して全国に広まり、分社は300社ともいわれ、現在に至っています。
祭のクライマックスは16日夜の宵山(よいやま)と17日の山鉾巡行です。祭の御馳走の第一はハモです。ぼたんハモ、ハモのおとし、ハモずしと工夫をこらします。普段は質素な人も「ハモ食わねば祭が来ぬ」と財布のひもをゆるめるのです。

市中は 物のにほいや 夏の月     凡兆

あつしあつしと 門々の声         芭蕉

ぼたん鱧(ハモ)
ささがき牛蒡、松菜、青柚子、清汁仕立

鱧は遠州灘でもとれますので旬の鱧を使って「ぼたん鱧」のお椀を作ってみました。小話の中の赤い提灯に似せて*「トマトのアチャラ冷製」も添えてみました。
材料(6人分)
   
・・・

一匹(正味200g~250g)

   

葛(片栗粉)

・・・
適量
  二番だし
・・・
4C
 
・・・
大1
  牛蒡
・・・
1/2本
  吸地
・・・
適量
    おかひじき
・・・
12本
だし
・・・
4C
・・・
小1
薄口醤油
・・・
小1
    青柚子
・・・
1個

 
① 鱧は骨切りし6つに切り分けて葛粉を切り目の中までていねいにまぶし、余分な粉ははたく。(骨切りは魚屋さんにお願いしてください。)
② 吸地より濃い目の塩加減の二番だしに鱧を一切れずつ入れて3~4分程茹でる。

③ 牛蒡はささがきにして水に晒し吸地で煮ておく。
④ おかひじきはゆがいて水に取り、揃えておく。
⑤ 椀に②を置き③と④を左右に立てて添え、汁を張り、へぎ柚子を置く。
 
〜小話〜

待ちに待った祇園さんの夜。村の子ども達は、新しい浴衣(ゆかた)におへこ(へこ帯)を締めて、赤い提灯(ちょうちん)にローソクを灯し、親に付き添われて祇園社にお参りしました。闇に包まれた森の、そこかしこにたゆとう赤いともしび。ほのかに照らし出されたイタズラッ子の顔には昼間と違った微笑みがありました。この日は京都の祇園祭の宵山と同じ日(7月16日)であったと思います。

私が高校卒業の頃まで今のような医療の皆保険制度(昭和30年)はありませんでした。抗生物質もありません。又、冷蔵庫も限られた家にしかない時代でした。梅雨から夏にかけて食中毒や疫痢、赤痢などで避病院に隔離されることもあり、命を落とす子どももいました。ですからこの祇園さんの日には、村中の大人も子どもも氏神様の境内にある八坂神社の分社にお詣りして悪霊(病気)を鎮めるお祈りをしたのです。赤い色は鬼の嫌いな色で魔よけです。この日は朝から「お金茶屋(おきんちゃや)」の店先に赤い提灯がたくさん積み上げられていて、それを買いに行くのも楽しみの一つでした。

*トマトのアチャラ冷製
赤提灯(ちょうちん)をイメージして作りました。
冷たくしていただくと、トマトとは思えないほどとてもおいしいお料理になります。
① トマトの皮をむき、形のまま輪に3~4枚にスライスする。
② 玉葱とパセリのみじん切りをさらして、ドレッシング(オリーブ油、酢、塩)で混ぜて、スライスした間に適量はさんで形を整え冷たくする。