第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

陰暦8月15日(9月12日)の満月は中秋の名月と称えられ「月見」が行われます。このお月見の風習は平安時代に中国から伝わり、藤原氏全盛時代には盛んに月見の宴が催されました。特に近江八景の一つ石山寺での観月は有名です。紫式部が「源氏物語」の発想を得たのもこのお寺とされています。伝承では寛弘元年(1004年)紫式部が石山寺に一週間ほど参篭し写経をしていた際、8月15夜の名月のあまりの美しさにひらめきを得て「須磨」「明石」の巻になったとされています。石山寺本堂の角には「源氏の間」が造られていて、私が当寺を参詣した際、この部屋には十二単衣の人形が飾られていました。又、源氏物語に影響を与えたとされる「蜻蛉日記」の作者、藤原道綱母や清少納言も石山詣をしたようです。昔から日本人の月に寄せる思いと祈りは文学や詩歌の良き題材になっています。


なげきつつ 独りぬる夜の あくるまは   
  いかに久しき ものとかは知る  ・・・道綱母
     
歎けとて 月やはものを 思はする  
  かこち顔なる わが涙かな  ・・・西行法師

俳諧では

名月を 取ってくれろと 泣く子かな

・・・一茶

近代文学では「金色夜叉」でしょうか。人間は太陽に力づけられ月に祈る心を与えられたようです。

月のよく見える縁側に机を出して芒に萩などを添えて飾り、団子12個、里芋(衣被=きぬかつぎ)12個、御灯明、御神酒を供えます。この供え方は室町時代から現在もなお同様に行われています。
文献にのっているものでは、室町時代、幕府では将軍に枝豆、柿、栗、瓜、茄子を差し上げた、江戸時代、宮中では天皇に一献里芋、二献茄子三ツ、三献甘酒を差し上げたと伝えられています。

今回は芭蕉翁が伊賀上野の生家に帰った時、元禄七年(1694年)の中秋の名月の夜、門人たちを招いてもてなした「8月15夜月見の献立」とよんでいる中の料理名や食材を使いアレンジして私の教室のテキストにしてみました。

月見の懐石(芭蕉翁、月見の献立にちなんで)平成23年9月。
一、向  胡瓜と椎茸の胡麻酢合いまぜ
一、汁  合わせ味噌仕立、つかみ豆腐、しめじ、茗荷
一、椀盛 のっぺい汁、鶉のそぼろあん仕立、冬瓜、春菊、結び人参、生姜
一、焼物 苞葉焼き、初茸、甘鯛、栗
一、強肴 里芋煮〆、紅葉麩、こんにゃく辛煮、牛蒡松葉、人参梅煮
一、強肴 すだち醤油、すり山ノ芋、ふり青のり

一、箸洗 松茸、木くらげ
一、八寸 半熟卵、くるみ素揚げ
一、湯斗 焦がし湯
一、香物 たくあん、茄子塩漬け
一、飯  白飯 

この献立の中から「向付」を作ってみました。簡単でとてもおいしいです。「のっぺい汁」も載せてみました。写真を御覧下さい。


胡瓜と椎茸の胡麻酢合いまぜ

材料(6人分)
胡瓜  

 

・・・
2本
立塩
・・・
1と1/2C
・・・
小2
干し椎茸  
・・・
6枚
A
戻し汁
・・・ 2と1/2C
だし
砂糖
・・・
小4
醤油
・・・
小2
B
当たり胡麻
・・・
大1と1/2
・・・
大1
・・・
小1/4
薄口醤油
・・・
小1
砂糖
・・・
小2

 

① 胡瓜は縦半分に切り、種を取り、洗って斜めに薄く切る。
② 立塩に漬けてしんなりしたらよく水けを絞る。
③ 干し椎茸は水に浸して冷蔵庫に一晩おき水けを絞る。
④ 戻し汁をこして、だしと調味料Aを加えて15分位椎茸を煮る。
  鍋のまま冷まして傘の部分を細切りして汁けを軽く絞る。

⑤ 当たり胡麻をすり鉢に入れて水少々入れてよくすりBの調味料を入れてよくする。
⑥ 胡瓜と椎茸の1/3量を合わせて胡麻酢に混ぜ入れ盛りつける迄に5回位よくかき混ぜてはほぐして味をなじませる。残りの椎茸を加え、さりげなく盛り上げる。

 
〜小話〜

十五夜は里芋を主にして枝豆や梨、ぶどうなどの果物を供えます。里芋は稲作以前の日本人の主食でその里芋収穫祭が満月の八月十五夜に行われたのが始まりのようです。

月見団子は浜松では「へそ団子」を供えます。上新粉(新米の米粉)を耳たぶ位に練って蒸し、取り出してよくこね5cm位の平たい円形にして中央を親指で押え再び蒸して作ります。(だんご粉一袋240g、水170ccで二度蒸す。40gのへそ団子が12個できる。)よその土地へ嫁いだ娘さんがこの「へそ団子」を作ったところ姑嫁に笑われたと言います。この地方独特の団子です。又、知人から娘がお嫁入り先で「今夜はお月様ですからお飾りなさいませ。」と言われ困っているというお電話も頂きました。

十五夜を終えた後に十三夜があります。陰暦9月13日の夜の月で今年は10月9日です。十五夜をしたら十三夜もしないと片見月といって縁起が悪いとされ、両方お飾りをします。十三夜は栗名月と言われて、栗を主にして枝豆と柿などの果物とへそ団子を供え、十五夜と同様にお飾りして月を観賞します。