第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

おひら大皿盛
秋祭りは収穫感謝祭。
鎮守の神様に五穀豊穣の感謝をする村祭です。
五穀とは米・麦・豆・粟(あわ)・キビをいいますが、その中でも特に米は私達の主食として最も高い位にある作物なので、その実りに感謝を致します。その他に畑では里芋・さつま芋・そば等、山では栗・くるみ・銀杏・茸・果物など秋の味覚が出揃います。秋の実りの食材には炭水化物・たんぱく質・脂肪が豊富に含まれ、夏バテした体を回復させてくれます。更に冬に向って寒さを乗り切るエネルギー源ともなります。動物たちも秋の木の実を食べて冬ごもりします。旬(時季)の食材を食べることが、自然に生かされている人間の本来の食べ方ではないでしょうか。 秋祭りは10月15日を中心に各地域で様々に行われています。
伊豆地方で行われているボタ餅を贈答し合う亥の子の行事は、貴族社会からの風習といわれています。奈良時代から平安時代にかけての400年間に政(まつりごと)を揺るがした人々が流された地ですからそんな習俗も残っているのでしょう。
中部地方ではカカシを座敷に上げて祝うカカシ祭りがありました。
浜松地方では洗い清めた農具を飾り供物をささげる習俗がありました。
いずれも実りの秋に感謝して田畑を守って下さった神様を山へ見送る祭事です。 今回は秋に実った食材を使って三品のお料理を掲載します。お祭りのご馳走の定番は「おひら」と呼ぶ煮物です。大皿盛りにしてみました。写真を御覧いただき適宜にお作り下さい。

秋の実り吹き寄せ

秋の実り吹き寄せ
 
材料(4人分)
  さつま芋
・・・
1本
  栗渋皮煮
・・・
4個
卵・小麦粉・そば
・・・
適量
  くるみ
・・・
4個
  銀杏
・・・
12個
  にんじん
・・・
1/2本
稲穂(落穂)
 
サラダ油(揚げ油) 適量
味塩   
 
① さつま芋は皮をむき、1cm厚さの斜め輪切りにして、いちょう型で4枚抜く。
にんじんは5ミリ厚さ、紅葉型で抜く。
② ①で残った芋はゆでて裏ごし、4等分して栗を包みいが栗を作る。栗を包んだマッシュポテトに小麦粉、溶き卵、2cmに折ったそばをつけて油で揚げる。上部を十文字に切って栗をのぞかせる。
③ くるみと銀杏は鬼殻を割って油で揚げると渋皮がむける。①も素揚げして、全部に味塩を振る。
④ 稲穂も揚げると米がはぜて美しい。
⑤ 笊に色付いた葉を添えて盛り込む。
 

とんぶりのおろし和え

とんぶり(ほう木草の実)がとれましたので、和え物を作ってみました。
 
とんぶりの和え物
 
材料(6人分)
  とんぶり
・・・
20g
  黄菊
・・・
3輪
  貝割菜
・・・
1パック
  小貝柱
・・・
50g
  生姜の甘酢
・・・
20g
大根おろし
・・・
1C(300g)
・・・
大3
砂糖
・・・
大1と1/2
・・・
小1/2
とんぶりの和え物の材料
 
① とんぶりは塩けが強い時は水に浸けて塩出しし、だしでさっと煮て水けを切っておく。
② 菊は酢水で茹でておく。
③ 貝割菜は根をとり半分に切る。
④ 小貝柱は生食用になっているのでペーパーで水けを取る程度。
⑤ 生姜は薄くスライスしてさっとゆで、笊に取って塩少々ふり、さめてから甘酢につける(がり)。細く切る。
⑥ 大根はおろして軽く水分を切り、調味料を入れて②③④⑤と①の半量を和え、鉢に盛って上に残りの①を散らす。
 
 
菊の花の調理
 
生姜の調理
〜小話〜

笛や太鼓の音が聞えてくると、ふと古里を思い出します。「貴女は色黒だからおしろい塗ると、こんにゃくの白和えね。」と、色白の姉。鏡に向い「ほうこ様のようなのに」と、にっこり。手踊りのしぐさをしつつ、シャナリ、シャナリと鎮守の杜へ。

昭和32年、三波春夫氏の「チャンチキおけさ」が大流行しました。折しも日本は高度成長期に入りつつあり、この明るいメロディーは日本人の心を更に豊かにしました。村の唯一の幼稚園に集まり、この軽快な音頭に合わせて毎日手踊りの練習をしました。幼なじみと昼に夜に、笑い睦み合った日々を懐かしく思い出します。祭りの日には大太鼓が村中引き廻され、若い男衆が両手の指を血に染めて笛の音に合わせ、力強く打ち鳴らすのでした。横笛の音は「ピーラ、ピラピラ、ピラピラピラ、ラ」と聞こえとても心浮き立つ音色でした。
女の子は二列になり練習の成果よろしく手踊りしながら村道を巡りました。私が手踊りしていたのは小学生の頃とばかり思っておりましたが、「チャンチキおけさ」の発売と私の大学卒業が同じ年なのにびっくり。お嫁に行く迄手踊りに興じていたことになります。今、大学3年生の孫娘を見て「まだ子ども」と思いますので、私も嫁ぐ迄、何の苦も知らぬ子どもだったのでしょう。

氏神様の春日神社には紅白の幕が張られ、新米でこしらえた鏡餅や御神酒が供えられました。秋祭りは15日の宵祭り、16日の本祭りと村中の人々が参加し、親戚知人も往き来してご馳走をいただき賑やかに過ごすハレの日でありました。

少子化のため昔のようにはいかないようですが、鎮守の杜からの太鼓の響きが今も村人の心を和ませています。