第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

 徳川8代将軍吉宗は、最も下情(かじょう)に通じてゐたが、或る時、豆腐を供すると「これは白川大豆で造ったか」と、訊(き)かれたので、膳番衆に問合せると、果(は)たしてさうであったとて、近習(きんじゅう)一同舌を巻いた。 婚禮の吸い物に蛤を用ひさせたのは、この吉宗が元祖で、「蛤貝の番(つが)ひが合ふのは、唯(た)だ一つに限られてある。夫婦の道もその通りだ。殊(こと)に、沿岸のどこにも多産し、償(あた)ひの康(やす)いものであるから、いかなる貧者でも用い兼(かね)ることはない」というのが趣意であった。

 
蛤のうしほ(昭和11年春の汁物)
材料(5人前)
中蛤  15個
  盬(しほ)[粗塩]
 
盬漬の櫻の花少々(又は木の芽)
拵へ方(こしらえかた)
蛤はざっと洗ひ、鍋に入れ、水を5合(0.9立)加へて火にかけ、煮立ったらすぐ火を弱めて蓋をとり、手早く味加減を見て、足りないだけ塩を足し、すぐ下ろして椀にもり、櫻の盬漬か木の芽を浮かべ、熱い中(うち)にすすめます。
   
 

備考:貝は煮すぎると固くなって風味を失ひますから、半煮え加減がよいところです。必ず食べる直前に拵へることで、温めなほしたりしては全(まった)く値打がなくなります。


~私の感じること~

 昔の宿場町であった海辺の実家では、暫々、蛤のお吸物が食卓に出され、普段は昭和11年の「うしほ」のように蛤は3個入っていました。来客の折には、お刺身、茶碗蒸し、フライの前にお吸物が出されます。冬はかき、春は蛤で、蛤の潮汁の中には「よりうど」が浮いていました。この潮汁を作る度に母は「結婚式の宴席では蛤のお吸物が必ず出されるの。貝を2個入れて、1個目の貝は上向き、2個目の貝は下向きに重ねて入れるのよ」と、話していたのを思い出します。娘の頃でしたが、この意味は何となく解っていたようです。
 蛤の潮汁(うしおじる)については昨年の上巳の節句(第15回)で作り方や写真を掲載してありますので御覧下さい。蛤は何故ひな祭りに使うのかなども詳しく掲載してあります。ただこの婚禮の蛤については母からの伝承だとばかり思っていましたが、吉宗からとは、私も初めて知りました。

 前回、お茶のお話を載せましたが、「結婚話(縁談)の来客にはお茶は出さないの。茶化すと言って・・・、桜湯を出すのよ」と、母は姉妹のそんな折には塩漬けの桜花に湯を注いでお出ししていました。
 今回は新たに蛤2個と塩漬けの桜花を使ってお祝いの「うしほ」を作ってみました。