第1回 金糸うり   第2回 その1 白うり   〃その2 鮎
第3回 茄子   第4回 松茸   第5回 その1 隠元と胡麻
〃その2 南瓜と小豆   第6回 ぶどう   第7回 鯖
第8回 普茶料理   第9回 さつま芋   第10回 蓮根
第11回 伝統のおせち   第12回 人日節句(じんじつせっく)   第13回 節分
第14回 建国記念の日   第15回 上巳の節句(桃の節句)   第16回 春分の日(春の彼岸)
第17回 お花見   第18回 花祭り(灌仏会)   第19回 端午の節句(こどもの日)
第20回 母の日   第21回 氷室の節句   第22回 父の日
第23回 七夕節句(星まつり)   第24回 祇園祭(祇園さん)   第25回 夏の土用
第26回 お盆   第27回 お月見   第28回 重陽の節句
第29回 体育の日   第30回 秋祭り   第31回 神立ちとえびす講
第32回 七五三   第33回 勤労感謝の日(新嘗祭)   第34回 大晦日からお正月まで
第35回 お正月   ★特別編   第36回 食卓談話「鶴のお話」
第37回 食卓談話「お茶のお話」   第38回 食卓談話「蛤のお話」   第39回 食卓談話「大根と春野菜のお話」
第40回 食卓談話「御馳走のお話」   第41回 食卓談話「節約のお話」   第42回 食卓談話「鶏卵と鶏」のお話」
第43回 食卓談話「旬と桃のお話   第44回 食卓談話「家康の好物のお話   第45回 食卓談話「二宮尊徳翁と澤庵
第46回 食卓談話「味噌汁のお話」   第47回 食卓談話「不老長寿のお話」   第48回 食卓談話「柿のお話」
第49回 食卓談話「酒のお話」   第50回 食卓談話「平常心    
※このコラムは静岡県立浜松北高同窓会女子部「しらはぎ会」のために書かれたものです。作者に無断での転載・転用は固くお断りします。

 

 雲門和尚が門前の前の川で大根を洗ってゐた時、ふと過(あやま)って葉を一枚流した。和尚は流れについて追ひかけ、やっとの事で之を拾ひあげた。此の時、通りかかった庄屋さんが不思議に思って、「貴僧(あなた)の様な貴いお方が、どうして左様なものをお拾ひになるのですか」と尋ねた。和尚は反って不審な顔付で、拾ひあげた一葉(えふ)を指差して、「一莖(けい)の小も一葉の微も、ひとしく天が人間を養ふために作られたものではないか。然(しか)るに一葉何の用をかなすと申し之を流し去っては、即(すなは)ち天恩を忘れたものである」と言はれた。庄屋さんは此の言葉に深く感じ入り、以後、和尚の教へを受けるやうになったといふ。

~私の感じること~
 ある時、指の不自由な知人が「大根が食べたいから煮て下さい」とヘルパーさんにお願いしたところ、まず葉をゆでて炒め、きんぴらにして、それから大根を煮はじめた。ところが「介護の時間切れで大根の煮物は食べることができなかった」と言う。「コンロは2つあるのだから一方で大根を茹でながらもう一方で葉の料理ができないのかしら」と、ぐちをこぼしました。
大根の中でも特に葉は栄養分が豊富なので一葉も大切に扱うのですが、時と場合によっては応用をきかせ、段取りよく、相手の要求に応じなければなりません。料理はおいしいと喜んで食べて頂いてはじめてその方の血となり肉となります。こちらもおいしいの一言がやりがいとなるのです。

 先月、この春大学生となられる娘さんが3人、教室に見学に来られました。日本料理の5味(甘い、辛い、酢っぱい、醤っぱい、苦い)と5法(生、焼く、煮る、蒸す、揚げる)と5色(赤、青、黄、白、黒)などを解説して「今日はこれらが全部組み込まれたメニューです。」と言い実
習しました。食後の感想は「お刺身がおいしかったけれど、あとは全部苦かった」のだそうです。節分にちなんで「枡(ます)形大根のふき味噌射こみ」、ふき味噌はふきのとうを使いました。他に田ぜり、菜の花などを使いましたので若い方には苦みが印象的だったのでしょう。年を重ねたらこれらの野の幸の乙な味わいが解るようになるのでしょうか。苦みは春に多いアレルギーの予防になります。
 今頃、菜っ葉で一番好きなのは「菜の花の粉節和え」です。又、大根のお話なので「枡形大根のふきみそ射込み」も掲載してみました。夫はこれらのお料理を食べるの度に「ああ、春を頂いた。菜の花をたっぷり頂くと血液がきれいになった気がする」と言ってくれます。


菜の花の粉節和え
材料(6人分)
菜の花   1束
  削り節   7g
醤油    大1
湯     大1
みりん   大1
酢     大1
砂糖    小1
① 菜の花は茹でてさらし、絞って5cmに切る。
② 削り節はから炒りして、もんで粉節にする。
③ 醤油に湯を注ぎ、次に調味料を全部加えて加減を整え、少量で①を下和えして水けを切り、粉節を振りながら菜の花を残りの調味料で和える。


枡形大根のふき味噌射込み
材料(6人分)
大根    18cm(正味600g)
だし     4C

塩      小1

酒      大2

 

ふきのとう  3個

 

水      大2

 

酒      大1

信州味噌   大3

酒      大1

みりん    大1

砂糖     小2

① 大根は3cm厚さの輪切りにして米のとぎ汁で茹でる。火が通ったら洗って枡形にして調味しただしでゆっくり煮る。
② ふきのとうはみじん切りにして油でよく炒め、水を入れて少し煮て、味噌と調味料を入れて、ぽってりと煮上げる。
③ 温かい大根の枡の中に②の味噌を入れて盛る。
備考:節分には福豆を枡に入れて神棚に供えてから豆まきをします。節分のテーマなので「ふろふき大根」を枡形にしましたが、普段は昆布と塩と酒を入れて茹で、ふき味噌をかけて召し上がってください。